読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたり、やっちゃったテヘみたいになったりする。そんなまいにちがワンダーランドだったりして。旦那さんと娘と3人暮らし。

関西弁vs博多弁

とにかく明るい旦那さん やっぱ博多やろーが! 子育て・智子 きょうのこと(主人公・わたし)

ニュアンスってむずかしいですね。

f:id:kinandun:20170226222445p:image 

日曜日の晩ごはんに、旦那さんがレトルトのパスタを準備していました。時刻は20時10分。娘がおなかをすかしそうな時間は20時30分。

 

ぼこぼこぼこ。鍋でパスタをゆがく音。

ふぎゃふぎゃ。娘のハラヘッタコール。

同時に鳴り出しました。

 

わたし「先にミルク飲ませるけん!ソース、後からかければいいもんね?!」

 

旦那さん「麺、どないすんの!!」

 

わたし「…なんで、そんな起こるとよぉ…」

 

旦那さん「なんでなん、おこってへんで?」

 

関西弁のトーンは、タイミングによって怒ったように聞こえる。ミルクが終わってからにしようか、と言う旦那さんをせかしてパスタを作ってもらったから、なんだか申し訳ない気がして。「どないすんの」が「だから言っただろ」に聞こえて。

 

あぁ、悪循環…

 

わたし「関西弁ってさ、たまに怒ったように聞こえるんよね」

 

旦那さん「そりゃ、どーしよーもないわ」

 

ですよね。こちらの気分次第ですもんね。結局、わたしのパスタはオリーブオイルとラップをかけて、パサパサにならないようにして、ミルクの後に食べた。

 

ま、いいんだけど。昔は気にならなかった関西弁のトーンがたまに気になるようになった。これも母になって、娘のごはんと親のごはん、どちらを優先するか考えるようになったからかな。

 

娘は関西弁しゃべるんやろーなぁ。博多弁、すこし教えてもいいとかいな。たまに、考える。