読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたり、やっちゃったテヘみたいになったりする。そんなまいにちがワンダーランドだったりして。旦那さんと娘と3人暮らし。

あぁせねば、こぅせねば。あぁツライ。

きょうのこと(主人公・わたし) よむよむ本 子育て・智子

呪縛。自分でじぶんをしばる。

 

「女は〜」  

 

この言葉の次にでてくるのは、

ほんとに自分で考えたことなのかな?

みんながそう言ってるからじゃないのかな?

 

生まれたときはこんなに自由で、

生まれてきたくて、生まれてきたのに。

いつから、生きにくくなってしまったの?

f:id:kinandun:20170228202932j:image

その答えのきっかけになる記事に、今日は2つも出会いました。

 

ひとつめ。親向け冊子に授乳中にスマホをするサキさんと赤ちゃんの気持ちを考えようと書いてあった話 - むすメモ!

 

ふたつめ。女の子を拘束する「呪い」、親が解かねば 駒崎弘樹さん:朝日新聞デジタル 

 

わが娘には、けっして呪縛のことばに支配されてほしくない。でも、どーすればいいんだろう。

 

 

この本最近、読み返してます。

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう