書くとはトイレにいくようなものである。

書く理由をことあるごとに宣言してきた。

 

 

 

なぜなら、書くことはとてもツラく、ないものをしぼり出すようなことだから。それでも奮い立たせるため、なぜ書くのかをじぶんに言い聞かせ続けてきた。

 

ところが、その考えが大きく崩れた。

 

書くことは、トイレにいくようなものである

 

  • 始めると、とめられない
  • 終えたあと、とてもすっきりする
  • 一日あくと、落ち着かない

 

f:id:kinandun:20170411224129j:plain

 

これは、トイレといっしょではないか。つまり、わたしはツラいことを続けていたのではなく、書くとすっきりするから書いていたのだ。

 

わたしが書く理由。それはトイレと同じようにあたりまえだから。ということは、自分から出たものがどんな形であろうと、どんなタイミングであろうと、誰にもとがめられるものではない。

 

そう思えば、何もツラくない。出ないときは、出ない。水分や運動が足りないだけ。数日待てば、出てくるはず。

 

ただ、できれば毎日出したい。何も食べない日はないように、何も感じない日もない。感じたことを消化し、外にだす。それはわたしにとって、毎日のことでありたい。消化不良は気持ちわるい。

 

そうなりたいから、わたしは今日も書きました。あ、出せました。あー、スッキリした。