まいにちワンダーランド

過去をはき出し光に変える毒出しエッセイ カリスマライター森中あみのはてなブログ

一貫性を通そうとするから、自分が矛盾してくるんだ。

「この画面の向こうにいる不特定多数の読者に対して書きなさい」

ライティング講座では、そう教わった。

プロのライター、売れるライターになるためには、そこが欠けていては話にならないと。

そうだろうな、と頭ではわかる。読まれる文章、読みやすい文章、伝わる文章を学びたくて講座を受けているのだから。私は。ただ、今でも思う。今思う。読者なんて想定してたら書けない。心がそう言う。言っていた。あの頃から。

違和感がずっとあった。

中学2年で転校したとき、部活のメンバーから無視されていると感じた。毎日、泣いて、泣いて、次の日も泣いて、「もうやめる」と転校翌日から毎朝、一緒に通っていた友達に告げたとき、無視されなくなった。実態は今もつかめない。夢だったような、私の思い過ごしだったのかと思うほど、あっけなく、たぶん2週間くらいのことだったんじゃないかな。だけど、ある晩、私は自分の部屋のベランダから下をのぞき込んでいた。9階から見下ろした地上は、遠くて暗くて、すぐに顔を引っ込めた。だけど、あの夜の感覚は忘れない。忘れたくない。

「こんな想いを明日もするくらいなら」言葉にすれば、そんな感じかな。「終わらせたい」が正しいかも。あんな夜を二度目に体験したことは、39歳になった今でも、これからもないと思いたいけれど、心に残る、あの電灯と遠くに見える家の灯たちとベランダに立つ私を見る、わたしは忘れない。悔しさを忘れたくないんじゃなくて、孤独を忘れたくないのか? いや、孤独じゃない。頭の中には「あいつら」がいたし、廊下の先には親をきょうだいを感じていた。

じゃあ、何? 八つ当たりのようなネチネチとした過去を持ち出す私の目的は何? 教えてよ。知りたい、つかみたい、そろそろ。

言葉にしてしまおう、文字にして、ここに今日、残してしまおう。逃げられないように。今ならできる気がする。さぁ、

人の気持ちを考えたくない。

自分のことだけ見ていたい。

なんて愚かな。なんてみじめな。なんて恥ずかしい。なんて。

読者なんて想定してたら書けない。

私はわたしに書きたい。

書き直しもいらない。この瞬間に出てきた、この瞬間にしっくりきていたら、つじつまなんて合わなくていい。そもそも人は矛盾している。一貫性を通そうとするから、自分が矛盾してくるんだ。な! そうだろ? 男友達同士の会話みたいに、強く、純粋に言いたい。

一貫性を通そうとするから、自分が矛盾してくるんだ。

【両成敗】なんだと思うんだ。結婚も、不倫も、すべてのことは。

ひとつ前に大きく取り上げられた芸能人の不倫のときは、女性のイメージが崩れ去ったことに世の中が反応して、今度は男性のイメージがガタ崩れだね。それにくっついて不倫相手も、だけど。

だけどさ、やっぱ両成敗だと思うんよ、これは。

浮気された側は悪くなくて、浮気した方が悪いってどうして言えるのかな。傷つけた、悲しませたのはそうだけど、不倫する以外で同じことすることあるよね、相手に。もうしないって言って、それがウソになるのもイヤだけど、自分にウソつくこともあるよね。

一つ前のあの人のフレーズになってしまうけど、両成敗なんだって。

言いたかった。

[caption id="attachment_4563" align="alignnone" width="1880"]pexels-photo-612936 Photo by Quintin Gellar on Pexels.com[/caption]

 

▼毒だしエッセイ含む、ライティング料金改定しました▼

実質無料で書きます! 理由は私は会社員なので副業できないからです! 以上です!

私を通してあなたを知る「毒だしエッセイ」料金改定のお知らせ

お客様の声はこちら!

ライティングメニュー&お申込みはこちらから!

【夫婦対談】結婚っていいもの? 不倫は悪いもの?

「いやぁ、結婚ってどうなんすか? ?オレ、よくわからないんすよって、20代くらいの男の子が飲み会の席で言ってたら、やすくん、なんて言う?」

日曜の夜、晩ご飯を食べている夫に聞いた。メニューは冷凍庫にあったカルビ、賞味期限の切れた焼売、豆腐の味噌汁、水菜のシーチキンサラダ。

気合いの入ってない晩ごはんなのに、夫が「幸せだぁ、ありがとう、家族はいい」としみじみ言うから聞いてみたくなったのだ。

答えはまったく予想できないものだった。夫はすぐにもごもごっと何か答えた。

「え、なんて?」

「勝手に…しろってこと(もごもご)」

「どゆこと」

「そんなことを…言っとるやつは、どっか海外にでも言って自分探しでもしとけ」

「どゆこと」

「そんなヌルイこと言っとるやつは……」

話にもならんとイラダツ夫も、夫の回答の真意をいまだ見出せない私も、結婚願望がなくなったことは人生で一度もないから、結婚を怖がる人のことはわからないのかもしれない。

「やすくんも私も結婚したかったけんねぇ」

話を終わらせようとしたのに夫はまだ言い足りないみたいだった。

「結婚は成長や」

おじいちゃんみたいな答えやん。でも、納得。結婚しなければ、わからなかったこと、できなかったこと、ある。

「結婚することで、こうやって話すことで広がっていくんや」

ほぉ、そうね。この話の前に私は夫に言った。自分に理解できない他人の言動に怒って、懲らしめようとしても自分の世界はそこまでだ。そりゃ、人にされてイヤなことはたくさんあるけれど、ほっとけばいいことだよね。

遠くの他人の言動が自分を脅かすと感じるのは、なぜだろう。「そんなこと、しちゃヤダ!」と外には聞こえない警告音が発動したとき、それは「私をもっと大事にして!」なのかもしれない。

結婚を積極的に考えられない私たちよりも若い人も、いつも苛立っている私も同じこと。「私を大切にして」「認めて」「愛して」

夫の気持ちを代弁すればそれは、「誰かを愛することで解決する。すべて」

愛ってよくわからないけど、そーゆーことかもね。愛は求めない。そこにあると感じて、自然にでたらステキだね。そうなれる相手に出会えた私たち、7年目でもより幸せを感じられる極意と聞かれたら、結婚を諦めなかったこと、私が仕事を辞めなかったこと(お金と人間関係)、話すこと、かな。

最後に私は夫にこう言った。

「そうやね、結婚ってお互いにとって、いい意味で世界が広がったって感じられたら正解かもね」

この会話、時間にして3分。まだまだ、ごはん、たくさんあるよ。



 

結婚、子育て、お金、仕事についてnoteマガジン公開中!オフィシャルホームページからリンクしてます!

毒出しエッセイのお申し込みも、オフィシャルホームページ「いつだって、人生は物語」から!

はてなブログアメブロでご覧の方は「森中あみ」で検索→ページトップ「いつだって人生は物語」をクリックしてね!

TwitterFacebookメールマガジン「ラブレター」もあります。

私を通してあなたを知る「毒だしエッセイ」料金改定のお知らせ

メルマガ「ラブレター」からの抜粋です。なので一部、見えないようになってます。

毒だしエッセイ料金改定のお知らせは、最後にあります。

「ラブレター」ご希望の方は、こちらから↓ 肩の力を抜いて、書けてて、わたし、結構好き。

メルマガ?ラブレターお申込みありがとうございます!



しいたけ占いによると、天秤座のわたしは2月から「スピード感」が増すらしい。

マグマのブログにもある通り、私は常に何かに腹を立てています。私に会ったことのある人は、びっくりするでしょうね。自分でも驚いています。めっちゃ温厚だし、娘を怒れずに虫歯にさせてしまったほど?泣(笑)

だけど、外に出さずに自分でも気づかないようにしていた怒りは、おそらく中学生くらいの頃からあったんだと思う。不甲斐ないじぶんに自分で腹を立てているのに、すべてを人のせいにして、自分以外の人をバカにすることで保ってきました。

だけど、昨日から「怒り」の感情を書かずにはいられなくなり、2本書いたら、あぁ、わたしは言いたいことをぜんぜん言ってこなかったんだとあらためてじわりと。

それでね、今日言いたいこと。note有料マガジンで公開しているBMWを買った話なんですが、金額はなかなか書くのが怖くて。でも、誰かには言いたい。自慢したい。だから、言わせてください。●万円でした。そのうち●万円を現金で、残りを月2万、5年ローンにしました。

けっこうすごいと思うんだ。

どう思いますか?

自慢すんなよって思った?
うるせーって思った?

私ならどう思うかな。

うらやましいって思うかな。

うらやましいってね、自分もそうしたいってことでしょ? 

もっと人目を気にせずふるまいたい、堂々と歩きたい、スタバ飲みたい、いい車に乗りたい、欲しい洋服をその場で買いたい。尽きない欲望を満たしていこうとあらためて思っているんです。

そのツールのひとつが書くこと。

書けない、書けないって逃げてたのは、欲しい、したい、言いたい欲望を押さえつけてたから。嫌われたくなかった。職場のママ友と話していてね、「嫌われたくなくて、自分で言わずにイライラをためて誰かのせいにするってイヤだよね。嫌われる勇気を持とう」って話になって、「嫌われる勇気」を再読したんです。

その一文に「怒りは捏造できる」ってあってさ。もう少し説明すると、目的がまずあって、そのために怒りを使うんだって。よくわかる。私は、わたしのすばらしさを気づかせたくて怒っている。「私はすごい」って言われたくて怒ってる。

だからね、すごいでしょ、●万円の車買ったんだよ〜! 言わせて。

またお手紙かきます。

****有料note更新のお知らせ****

↓ BMWの話、もうすこし面白くここに書きました ↓

800円のマガジンです。今後更新していきますが追加料金はありません。この機会にぜひ。私の幸せ自慢を聞いて、共感してください

稼いで愛してくれる夫を手に入れた(婚活・恋愛論)愛言葉は共に

<マガジンの説明>
婚活パーティin比叡山で矢を放った夫は、予想よりも100倍大きなマグロでした。子育てに協力的、残業は平均1日1時間程度なのに給料もそれなり、4LDKの新築マンションに住み、私のお小遣いは月3万円くらい(欲しいものがあるときは別)何よりも私を愛してくれる。これが幸せと言わず、なんと言いますか! 初めて会ったとき、私は思いました「この人は、私のことをわかってくれる」その直感の通り、書く才能に目覚めたのも夫がきっかけ。 ママ友には悪いが、私の夫に悪いところはひとつもない。大きなイビキとあと……くらいだわ。昔はね、無職の男、オレオレ男に恋してぼろ雑巾になった私ですが、父よりも年上のおじいちゃんとお見合いして目覚めた。「何、やってんだ、私」一念発起、ひとり暮らしを始めたところ、3か月後には夫に出会い、翌年結婚、3年後に長女出産(二人目妊活中)もう、シアワセしかない、この生活。 合言葉は「共に」

 

****私を通してあなたを知る「毒だしエッセイ」お申込みはこちらから*****

ホームページ「いつだって、人生は物語」リニューアル!!

ライティングメニュー、お客様の声ページができました!!!!

ライティングメニュー

お客様の声

料金も改定! 交通費、トークルーム料金(実費のみ)で書きます。

ご存じの通り、わたし会社員なので副業できないんですよね。今まで、こそこそやる方法探してたんだけど、もう疲れちゃって。堂々とやるためには「お金」を取っ払わないと! (お気持ちは素直に受け取ります(??>?<?)。??)

「私を通してあなたを知る」怖いくらいよ。わたし、この時だけはイタコになれると思う。音楽があればよりパワーアップ。お問い合わせ、ご質問もお気軽に。今世で、あなたとの出会いを待ってます。

 

マグマ(怒り)がいっこうに鎮火せんのやけど。

「よく、そんなに怒ることがあるね……」と夫からあきれ気味でよく言われる。

更年期障害だわ」と即座に自虐するあたりも、私の器の小ささが出まくってる。それにしても、よく怒るよなぁ、わたし。昔からなんだよね。結婚前は、お母さんにその日にあったことをぜんぶ吐き出さないと気が済まなかったし、それはたいてい、あいつがダメという「バカは嫌いだ」をテーマに悪口を言いまくるのである。はぁ、ちっちゃいね。

昨日も怒ったよ。もう、有料にしちゃったけど、これに反応する人は、私に反応してるんじゃなくて無意識のガマンに反応してるってことをお伝えしておきます。勇気のある方は、どうぞ。(非国民だと言われたいのかな、あたしったら)

嫉妬ウェルカム【期間限定・無料記事】

私のおなかの中には噴火しやすいマグマがあるみたい。外で溜めてきたイラダチをその日のうちに、ぜんぶその中に投げ込んで、ぼっこんぼっこん沸き立たせて消滅させないと気が済まない。

マグマの中に入れる作業は一人ではできず、何を言っても私のことを嫌いにならない人を目の前において、思いつくままに言いたいことを言う。家に帰ったらゆっくりしたいはずの夫は、カバンを置いた背後からマグマを浴びせられ、今もよく生きているなぁと思うほど。母もよく聞いてくれたよなぁ。

私というマグマがいっこうに鎮火しないのは、わたしの中にガマンという火種を隠し持っているからだと最近、やっとわかった。(だから、私の怒りの文章を読んでイラダツ人は、あなたもそうなんです)

「なんで、あいつ、あんなことするわけ?(バカか!)」

「ぜんぶ把握したいのは、自分に自信がないからだろ、もっと自分も相手のことも信用しろよ!」

「ちっちゃいヤツだな。そんなもんなんか、はぁ……」

誰を相手にしてもアラしか見えない環境にいる私は、きっとわたしもそんなヤツなんだからなんだよね。そんな自分に腹が立って仕方ない。言いたいことを言えよ! わたし!

これを読んだ人が傷つくのかもしれないけれど、それも仕方ない。私が傷つけたんじゃないよ、あなたがあなたを傷つけてることを私が知らせたるんだよ(たぶん、確信を持って)

じゃ、そろそろ行くね。

********************

はてなブログアメブロでご覧の方へ。この記事はカリスマライター森中あみオフィシャルホームページhttps://amimorinaka.comからの引用です。

オフィシャルホームページは「森中あみ」で検索→ページトップ「いつだって人生は物語」をクリックすると、ご覧いただけます。よろしければ、ブックマークなどして、たまに遊びにきてもらえるとうれしいです。ここは、わたしの家で、友人や知り合いがたまに息抜きにくる場所なのです。

わたしはいろんなとこに出没します。 TwitterFacebookYouTubeInstagramメールマガジン「ラブレター」もあります。ホームページに入り口あります。

嫉妬ウェルカム【期間限定・無料記事】



「そんな維持費かかるもの買ったんですか!」

親でもないのにうるせーんだよ。てか、親でもイヤだよ、イチイチウルセーんだって。


つづきはこちら【期間限定で無料で読めます】

https://note.com/notes/nb686b36b87eb/edit

手を伸ばすことすら諦める、常識とかフツーと言われる感覚に怒りが湧いたので書きました。言葉が荒いので、一定期間後、有料化します。

できれば、無料のうちにたくさんの方に読んでいただきたいです。

カリスマライター森中あみ

自分勝手な意味づけでいい。

一月が終わる。

「時間は存在しない」という本が気になっているけれど、読むのをためらう。その本に納得したとして、どうすればいいのか。

「嫌われる勇気」が言っていたように、人生は「今」の連続でしかなくて、さらに宇宙理論によれば、過去、未来はすべて同時多発で存在するとして、いったいどう生きろというのか。

電車の窓から、こちらを見ている少女がいた。一瞬で見えなくなった。もうすでに過去だ。戻れない。

時間は存在しないのなら、こう考えてみることはできるのか。私は同時に存在することはできないけれど、少女を見たあの一瞬の私に何か語りかけることはできる。

とすれば、私は過去のわたしになんと言う。

「それを文字にするんだよ」

少女は、何を見ていたのだろう。何を思っていたのだろう。結末も正解もない問いには、できれば戻りたくない。

だけど、時間が存在しないのならば、私たちは過去も未来も変えられるということになる。事実は変えられないけれど、どう意味づけしてもいいし、意味づけを変えることができる。

私がわたしの過去に話しかけたように、どう思うかをどう捉えるかを変えてもいい。

過去は変えられないと嘆き、未来はわからないと愚痴をこぼすよりも、時間は存在しないのだからイヤなものを良いものに変えてもいいし、人生に都合のいい意味づけをしていきたい。

 

********************

はてなブログアメブロでご覧の方へ。この記事はカリスマライター森中あみオフィシャルホームページからの引用です。

オフィシャルホームページは「森中あみ」で検索→ページトップ「いつだって人生は物語」をクリックすると、ご覧いただけます。よろしければ、ブックマークなどして、たまに遊びにきてもらえるとうれしいです。ここは、わたしの家で、友人や知り合いがたまに息抜きにくる場所なのです。 ?TwitterFacebookメールマガジン「ラブレター」では常にブログ更新のお知らせをしていますので、もっと私のことを知ってくださる方は、フォロー歓迎しています。