読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたり、やっちゃったテヘみたいになったりする。そんなまいにちがワンダーランドだったりして。旦那さんと娘と3人暮らし。

【旦那はん】里帰り出産の嫁と離れるときに親に言ったことばが衝撃。

とにかく明るい旦那さん

実家に帰って何がいいかってやっぱごはんですよね。みそ汁にはじまり、

f:id:kinandun:20160914233403j:image

福岡の郷土料理、がめ煮

f:id:kinandun:20160914233557j:image

ゴーヤサラダ

f:id:kinandun:20160914233647j:image

わたしのだいすきなエビ!

f:id:kinandun:20160914233655j:image

タコ

 f:id:kinandun:20160914233700j:image

手羽先!

 f:id:kinandun:20160914233707j:image

 ありがたや、ありがたや。けれど、やっぱり思うのは、京都でひとりで生活している旦那さんのこと。

 

 

実家の食卓での話題は、いつも夫のこと。

彼はこのブログにも度々登場します。人気です。わたしのことよりも、彼の話をたのしみにしてくれる人もいる。ジェラシー。

 

婚活パーティーでビビッときたのも、そんな彼の人を惹きつける何かがあるからかなーと最近、より強く思うようになりました。

 

なんで?って聞かれると…なんですが。

 

本人はまったく意識してなく、むしろ人からイジラレすぎるのをめちゃくちゃイヤがってます。それでも、結婚式のスピーチで彼の上司が言いました。「飲み会で彼がいないときでも、彼の話題になる愛されキャラ」だと。

 

実家の食卓でもおなじことが起こっています。

 

 

今日の夫の話題は

先週、里帰り出産のため京都から博多に帰ってきました。彼は実家で2泊して夕方の新幹線で帰りました。そのとき新幹線のホームで、彼が両親に向かって言ったんです。

 

「どうか、どうか、あみちゃんをよろしくお願いします!!!」

 

それが今でも両親の印象に残っているらしく。

 

 

安心感ってあとからジワジワくるもの。

実家に帰るんだし心配なんてない。あとは任せればいい。「じゃあ、ぼくはこれで」と帰るものだとみんな思ってました。

 

それが、「よろしくお願いします!」と言われたもんだから、両親も一瞬どっちが親だっけ?状態に。

 

でも後からよくよく考えるほど「娘を守るのは自分だ」って思ってくれてるんだ、て娘のわたしが愛されてることをジワジワ感じてくれたそうです。

 

もしかしたら、彼の魅力はそこにあるのかなーって。

 

あーあのときって「後から思えば感」は、そのときのうれしさよりも何倍にもなったりする。それが自然にできる人ほど、まわりの人に安心感を与えられるのかもしれない。その場しのぎの「安心してください!」じゃあ、ダメだもん。

 

 

それでもってホンネは隠せないところが、また!

そんな頼りがいのある旦那さんですが、ホンネのホンネは私と離れるのがさみしくって、数日前からウサギのようにわかりやすく体調不良(下痢)になっていました。

 

そんなかわいいところが、みんなに愛されるんよね。(本人的には「こんなんじゃあかんわー」とはずかしがってるところもまた^ ^)

 

ちなみに、体調不良は実家にきた翌日には回復していて、両親もわたしもホッとひと安心。いつもありがとう。あなたがいるから、これから先も安心よ。おやすみなさい。

 

 

 

note
https://note.mu/kinandun
旦那はんと娘はんのオハナシ

ブログ
http://kinandun.hatenablog.com/
まいにちワンダーランド

Instagram
https://instagram.com/ami_kinandun/
おべんと、とかとか。

 

 #妊娠 #出産 #結婚 #婚活 #子育て #育児 #京都 #福岡 #博多 #旦那さん #がめ煮 #手羽先 #安心 #愛されキャラ #魅力 #うさぎ #さみしい #下痢